【せどり】Amazon大口契約と小口契約

大口契約と小口契約

今回は、Amazonセラーアカウントを

作る際の大口契約と小口契約の

違いについて解説させて頂きます。

 

 

まず、Amazonの説明によると

 

◇大口契約

・月額登録料4,900円+注文成約時にかかる販売手数料

・オリジナル商品が出品可能

・出品数やカテゴリーが無制限(一部制限あり)

・大量の出品もまとめて登録が可能

・データ分析レポートが利用可能

 

◇小口契約

・1点注文ごとに100円の成約料

      +注文成約時にかかる販売手数料

・Amazonに既にある商品のみ出品可能

・1商品ごとに登録が必要

 

早見表

 

と、こういう違いがあります。

でも、結局みなさんが知りたいのは

どっちがいいの?って事ですよね?

 

大口、小口、どっちがいいの?

 

僕個人的には断然、「大口出品」

おススメですね。

 

 

なぜなら、大口は月額4,900円かかりますが

本なら50冊目からは100円の成約料が

かかりません。

 

 

小口の場合は何冊売っても1冊100円の

成約料がかかってきます。

 

 

例えば月に100冊売るとしたら

成約料は10,000円です。

もう大口の4,900円超えてますね。

 

 

本せどりをするなら

月に50冊以上売るなんて

すぐに出来ます。

 

 

ですので、小口から契約して

売れたら大口に変更ではなく、

最初から大口出品しましょう。

 

 

その方がムダがありませんし、

変更の手間もかかりません。

 

 

それから、小口出品には出品出来ない

カテゴリーがあります。

  ・時計

  ・ヘルス&ビューティー

  ・アパレル、シューズ、バッグ

  ・食品、飲料

  ・ジュエリー

  ・ペット用品

 

 

もし、あなたが販売ジャンルをこれらの

ジャンルに展開したい時、小口出品だと

出品出来ません。

 

 

上記のジャンルは大口出品でしか

出品できないカテゴリーになります。

 

 

ですので、もしあなたが

あとで、上記のカテゴリーを出品する時に

大口に変える必要が出てきます。

 

まとめ

 

ここまで大口と小口の違いに

ついて解説してきましたが

いかがですか?

 

 

僕個人的には最初から

大口出品で契約を

おススメします。

 

 

大口の月額制から始める事で

Amazonで稼ぐ!という

気持ちにスイッチが入ります。

 

 

 

ですが、例えば小口から

始めて、販売数が50を超えて

来たら大口に変更というのもいいでしょう。

 

 

メルマガ登録はこちらから

ただいま、登録で、¥29800の

教材を無料で差し上げます!

     ↓

「本せどりでおこずかいを増やそう!」

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です