本せどりに目利きは必要?

目利きは必要か?

 

こんにちは!

沖縄本せどらーホカマです(^^)

 

 

さて、今回は、本せどりに

目利きは必要か?について

お話しさせて頂きます。

 

 

結論から言っちゃえば、

「目利き出来るに越したことはない」

と、僕的には思います。

 

 

目利きできなければ、

仕入れが出来ないかというと

そうでもありません。

 

 

本の仕入れに大事な事は

きちんと利益が取れて

売れる本を仕入れる、という事です。

 

 

という事は、ぶっちゃけ、リサーチツールと

モノレートがきちんと読めれば

仕入れにはなんの問題もない、って思います。

 

 

仕入れは出来るの?

 

目利き出来なくても

仕入れは十分可能です。

 

 

先ほどお話ししたように、

大事なのは利益が取れて、売れる本を

見つける事です。

 

 

見つける方法は、ぶっちゃけ

なんでもいいんです。

 

 

目利きでもいいし、ツール

使ってもいいし、モノレートに

タイトルを手打ちしながらでもかまいません。

 

 

正直、利益本を見つけて

稼ぐことがなによりも大切です。

 

 

まず、稼ぐ事が大事で、

その次に、いかに楽に

早く稼げるか?を考えましょう。

 

 

まとめ

 

本せどりは、最初はぶっちゃけ

本の知識なんていらないですし、

本当に誰でも出来るせどりです。

 

 

目利きを鍛える事は

確かに大事です。

 

 

ですが、その前に

きちんとモノレートを読み、利益本を

見つけられる力を鍛えましょう。

 

 

そして、きちんと稼ぎ始めたら

次に、利益本をいかに早く見つけられるか、

を考えた方がいいと、僕は思います。

 

メルマガ登録はこちらから

ただいま、登録で、¥29800

教材を無料で差し上げます!

     ↓

「本せどりでおこずかいを増やそう!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です