【せどり】本せどりの仕入れに必要な物まとめ

仕入れに必要な物

 

今回は本せどりの仕入れに

必要な物とは?について

解説していきます。

 

 

今回は店舗仕入れについて

お話ししていきますね。

 

 

まずは、これがないと

始まりません。

 

1、スマホ

 

リサーチの際、目利きが出来る人は

いらないと思いますが、基本的には

リサーチする道具は必要です。

 

 

2、ツール

 

スマホだけではリサーチは

出来ません。

 

 

スマホで必ず

「モノレート」を

見れるようにしましょう。

 

モノレートって?

    ↓

【せどり】モノレートとは?

 

 

3、せどりすと・せどろいど・アマコードなど

 

これは、本についているバーコードを

読み込んでAmazonでの本の値段や、

ランキングなどを調べる便利なツールです。

 

 

こちらは無料版と有料版が

ありますが、最初は無料版から

試してもいいでしょう。

 

 

僕はせどりすとの有料版を

使っています。

     ↓

【せどり】せどりすと(せどろいど)とは

 

 

 

4、バーコードリーダー

 

これは一般的に「ビーム」と

呼ばれているバーコードリーダーに

なります。

 

 

こんな感じのツールです。

これで本のバーコードを読み取り

スマホツールと連動してリサーチします。

 

 

バーコードリーダーとは?

     ↓

【せどり】本せどりに便利なツールとは

 

 

ただし、店員さんの目が気になる方や、

ビームが苦手な方は、必ずではないので

使わなくていいですね。

 

バーコードリーダーの設定方法

      ↓

KDC200iの設定方法

 

 

 

5、ブックオフのスマホアプリかポイントカード

 

こちらは本せどらーには必須です。

ブックオフで買い物をすると、100円で

1ポイントもらえます。

 

 

10,000円仕入れで100ポイント

もらえます。1ポイント=1円

になります。

 

 

1ヵ月間、仕入れしていると

けっこうポイントがたまります。

 

 

翌月にたまったポイントを

使って仕入れしましょう。

 

店舗へ入る前の準備

 

まず、上記の物を揃えたら、

店舗へ入る前に少し

準備をしましょう。

 

 

といってもぜんぜん

大変な事ではありません。

 

 

もし、バーコードリーダーが

使える方は、前もって

ビームとスマホをBluetoothで繋げておきます。

 

 

ビームを使わない方は、

せどりツールをスマホですぐ見られるように

しておきましょう。

 

 

以上が本せどりに必要な物まとめ

になります。

 

まとめ

 

今回は本せどりの仕入れに

必要な物、について

解説していきました。

 

 

慣れた本せどらーさんだと

当たり前の事のように思いますが、

初心者だと分からない事が多いです。

 

 

ですので、僕も自分が店舗に

入る前になにをするか?を考えながら

解説してみました。

 

 

メルマガ登録はこちらから

ただいま、登録で、¥29800

教材を無料で差し上げます!

     ↓

「本せどりでおこずかいを増やそう!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です