【せどり】外国語は狙い目

外国語の教材

 

今回は外国語の教材本に

ついて解説していきます。

 

 

本仕入れにおいて、教材本って

けっこう狙い目な本です。

 

 

いろいろな外国語の本が

参考書コーナーには

並んでいます。

 

 

基本は、英語です。

中でも「TOEIC」に関する

本は要チェックです。

 

 

それから、注目するのは

「中国語」「タイ語」

アジア系の外国語です。

 

 

そして、なかなか見ない

言葉、「ドイツ語」「ポルトガル語」

「スペイン語」などですね。

 

 

こうした外国語の教材本は

高値が付く場合があります。

 

 

しかし、仕入れの際は

少し注意が必要です。

 

外国語教材仕入れの注意点

 

外国語教材仕入れで

注意するのは

付属品です。

 

 

付属品とは「CD」です。

ほとんどの教材にはCDが

付属しています。

 

 

外国語はリスニングも大事なので

ほとんどの教材本には

CDが付いています。

 

 

ですので、仕入れの際には

表紙等をよく見て、CDが

付いているかどうかを確認しましょう。

 

まとめ

 

外国語教材にはもう

ほとんどCDが付いていると

思った方がいいでしょう。

 

 

仕入れの際はCDが付いているか

ついていないか?ここをきちんと

確認しましょう。

 

 

プロパー棚はCDがきちんと

付属している事が多いです。

 

 

ですが200円棚は、CDが

付いていない事がほとんどです。

 

 

CDがないから200円

という販売価格という事

なんですね。

 

 

200円棚でCDが付いている本が

あったら、要チェックですね。

 

 

     ↓

「本せどりでおこずかいを増やそう!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です