【せどり】雑誌を仕入れる時の注意点

雑誌を仕入れてみる

 

今回は、本せどりで

雑誌を仕入れる時の注意点に

ついて解説していきます。

 

 

ブックオフには単行本だけでなく

各種雑誌も豊富においてあります。

 

 

本せどらーにとって、雑誌は

けっこう狙い目なジャンル

だったりします。

 

 

そこで、今回は雑誌仕入れで

注意することを書いていきます。

 

1、切り抜きはないか?

 

アイドルが出ている雑誌は

特に要注意です。

 

 

中には自分が好きな

アイドルが出ているページだけ

切り取られている雑誌もあります。

 

 

普通に考えたら、そういう雑誌は

買わないですよね?

 

 

アイドルが出ている雑誌は

切り抜きには注意しましょう。

 

2、付録は付いているか?

 

最近の雑誌は付録が

充実しています。

 

 

本そのものよりも

付録目当てで買う方も

多いでしょう。

 

 

その本が新品だろうと、

中古だろうと、購入する人は

付録目当てで購入します。

 

 

ですので、表紙をきちんと見て、

付録付きか、そうでないか?

 

 

付録付きなら、ちゃんと

付いているか?をきちんと

チェックしましょう。

 

3、型紙が付いているか?

 

こちらは洋服の雑誌です。

洋服を自分で作る際、「型紙」が

必要になります。

 

 

その雑誌に型紙がないと、

作りたい洋服が作れません。

 

 

洋服の雑誌を仕入れる際は

型紙が付いていることを

確認しましょう。

 

 

ただ、元から型紙が付いていない

雑誌もありますので

確認して仕入れましょう。

 

4、JANコードと本の中身があっているか?

 

これはまれに月刊誌で

起こる事であります。

 

 

「〇〇〇2018年1月号」の

雑誌のJANコードをリサーチすると、

「〇〇〇2008年1月号」の結果が出る

事がたまにあります。

 

 

2018年1月号だと利益が

取れるが、2008円1月号だと

まったく利益が出ない事もあります。

 

 

これは、JANコードが

10年に1回、使い回しされることに

原因があります。

 

 

ここでは詳しくは書きませんが、

月刊誌でJANコードを読む際には

注意しましょう。

 

まとめ

 

教材本などでもCDやDVD付きの

本がありますが、雑誌にも付録付きの

雑誌があります。

 

 

付録付きの雑誌は、付録が

欲しい人が購入します。

 

 

そのため、付録がないと

あまり意味はありません。

 

 

たまに、付録、CDやDVDなしでも

高く売れる本がありますが、これは

おススメしません。

 

 

なぜなら、いくらコンディション欄に

CD欠品と書いていても、間違って

購入する人はいます。

 

 

そうすると、付録欠品で

評価1が付く可能性が

あります。

 

 

そうしたリスクを取る

よりは、最初から付録なしの本は

仕入れない方がいいですよね。

 

 

ライン@の登録はこちら

      ↓

    @twu0672i

 

     ↓

「本せどりでおこずかいを増やそう!」

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です