【せどり】1ヵ月で売るか?3ヵ月で売るか?

1ヵ月?3ヵ月?

 

今回は本せどりにおいて、

仕入れた本を1ヵ月で売るか?

3ヵ月で売るか?を解説していきます。

 

 

基本的に本は、バカ売れは

しないので、本せどらーの多くは

3ヵ月で100%売る仕入れをしています。

 

 

僕も基本的には両方ですが、

正確には、最低でも3ヵ月で

売れる仕入れですね。

 

 

なぜなら、本せどりはきちんと

仕入れが出来ていれば、

仕入れ数の半分売れれば、元は回収

出来ています。

 

 

ですので、2ヵ月で60%売れていれば

もう利益が出ている計算です。

 

 

3ヵ月で売れる仕入れ方は

モノレートで見て、3ヵ月で5回~6回

売れていれば、3ヵ月あれば売れます。

 

 

モノレートで見ると

こんな感じです。

 

 

 

では1ヵ月で売れる仕入れとは?

100%全部が全部1ヵ月で売れるとは

言い切れませんが、モノレートで

1ヵ月に5回以上売れていれば、1ヵ月で

売れる可能性が大きいですね。

 

 

モノレートで見ると

こんなグラフです。

 

 

 

もう、売れ行きがぜんぜん

違いますねー。

 

 

もちろんきちんと利益があって

1ヵ月で売れる本ばかりであれば

仕入れもばっちりです。

 

 

ですが、美味しい話し

ばかりじゃなさそうです。

 

1ヵ月で売れる本だけ仕入れれば?

 

 

タイトルにあるように1ヵ月で

売れて、利益もきちんと

取れる本ばかりだといいですね。

 

 

ですが、なかなかそうは

行きません。

 

 

本は売れるのが遅い本ほど

高値が付く傾向に

あります。

 

 

つまり、1ヵ月で売れる本は

利益が少ない傾向にあります。

 

 

反対に3ヵ月で売れる本は

そこそこ利益がある本なんです。

 

 

それに、1ヵ月で売れて、利益が

取れる本は、当然他の本せどらーも

狙っています。

 

 

ですので、そればかり狙っても

なかなか仕入れは厳しいでしょう。

 

 

では、うまく仕入れが

出来る様にするには?

 

 

バランスをとればいいんです。

1ヵ月で売れるけど、利益が少ない本、

3ヵ月で売れるけど、利益はそこそこの本。

 

 

さらには、利益がめっちゃあるけど、

売れるまでに少し時間がかかる本。

 

 

この3タイプの本を、

バランスよく仕入れが出来れば

利益が安定してきます。

 

 

割合としては、資金にも

よりますが、5:4:1とか。

4:5:1といった感じです。

 

 

基本的に、超高利益本は

仕入れ全体に対して1%あれば

いいでしょう。

 

 

これ以上になると、経営に

影響が出てきます。

 

まとめ

 

本せどりは正しい知識と

正しい行動できちんと稼げる

せどりです。

 

 

ですので、資金によって

仕入れ方、考える売り方も

人によってさまざまです。

 

 

だけど、間違えなければ

確実に稼げるせどりですので

面白いですよ。

 

 

メルマガ登録はこちらから

ただいま、登録で、¥29800

教材を無料で差し上げます!

     ↓

「本せどりでおこずかいを増やそう!」

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です