【せどり】本の定価を意識しよう!

本の定価って?

 

今回は本せどりで稼ぐためには?

について解説していきます。

 

 

中古本を扱う上で

中古本の値段って定価が

とても大事になってきます。

 

 

まず、本せどりで扱う商材は

「中古本」

になります。

 

 

中古本を扱う時に、

少し考えて欲しいのが

その本の定価です。

 

 

本にプレミアが付いていない場合、

ここに定価が500円の

本があったとします。

 

 

その本の中古本がいくらなら

あなたは買いますか?

 

 

僕なら、最低でも半額の

250円なら買うでしょう。

 

 

普通の感覚なら

その本が400円なら、

新品のほうを買いませんか?

 

 

まぁ、中には、とにかく

安ければいいという考えの

かたもいるとは思います。

 

 

では、定価が2,000円の本でしたら

中古ではいくらまでなら

買いますか?

 

 

恐らく1,000円~1,500円の

間でしたら。中古の方を

買うでしょう。

 

 

定価が500円の中古本は

プレミアがついていない限り

仕入れても利益は出ません。

 

 

ですが、定価が2,000円の

本になると、仕入れが500円とかで

なら、十分仕入れが可能です。

 

 

つまり、本の定価が高いほど

仕入れが出来る本、ということに

なります。

 

 

まとめ

 

「仕入れの際は本の

 定価をいしきしましょう」

 

 

今回は本せどりで稼ぐうえで

大事なことを解説しました。

 

 

ブックオフへ行ったときには

まず、本の定価が安い本は

見なくてもいいです。

 

 

本の定価が高い本から

リサーチしてくのが

時短になります。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です