【せどり】ブックオフ・えっ!そこ見るのっ!?

そこってどこっ!?

 

今回はブックオフで

意外な場所について

解説していきます。

 

 

本せどらーはみんな

ブックオフで仕入れを

しに行きますね。

 

 

その時にほとんどの方は

手当たり次第には

リサーチしないと思います。

 

 

ほとんどのせどらーさんは

見る所、見ない所、

決めてからリサーチします。

 

 

そこで、今回はおそらく

99%の本せどらーさんが見ない

であろう場所をみてみましょう。

 

 

みんなが見ない場所とは!?

 

99%の本せどらーが

スルーしているコーナーとは!

 

日本人作家コーナー

 

です。

 

 

ここはフツーは

見ないコーナーの

定番ですよね?

 

 

僕も普段は絶対に

スルーします。

ですが、ここだけは別です。

 

¥108~¥200の

日本人作家コーナー

 

ですね。

 

 

ここってホント誰も

見ないんですよ。

 

 

プロパーコーナーでは

日本人作家コーナーは

絶対見ません。

 

 

それは、単価が高いので

利益が取れないし、高値で

売られているのも少ないからです。

 

 

なので、つい¥108~¥200コーナーも

するーしがちなんですよね。

 

 

ですが、これを逆に考えて、

じゃあ、仕入れ値が安かったら

どうなの?という事なんです。

 

 

そうしますと、誰も

見ていないだけあって

ちょいちょい仕入れられます。

 

 

たまにですが

¥200 → ¥5000

なんてお宝も見つかります。

 

 

ですので、プロパーコーナーは

スルーしてもいいですが、

¥108コーナーはリサーチしてみても

面白いですよ。

 

 

ただし、このコーナーでは

カバーが固い、分厚い本は

見る必要はありません。

 

 

出来るだけ、普通の紙表紙の

本だけをリサーチしましょう。

 

まとめ

 

今回は¥108の日本人作家

コーナーでリサーチという

テーマで解説しました。

 

 

ここは僕自身も意外な

コーナーでした。

 

 

ですが、今回のは一例で

せどりでは他人とは違う

思考も必要になってきます。

 

 

常日頃から、少し他人とは

違う行動を、意識してみては

いかがでしょうか。

 

 

メルマガ登録はこちらから

ただいま、登録で、¥29800

教材を無料で差し上げます!

     ↓

「本せどりでおこずかいを増やそう!」

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です