ブックオフの店舗って実は…

店舗には2種類ある!

 

実は僕たちが仕入れに行く

ブックオフって2種類

あるの、知っていました?

 

 

実はブックオフには

直営店とフランチャイズ店

があります。

 

 

直営店とは

ブックオフ自体が経営している店舗です。

 

FC(フランチャイズ)とは

コンビニなどと同じくブックオフの

名前を借りて、個人が経営している

店舗です。

 

FC店と直営店の違いって?

 

ブックオフにはこの2つの

タイプの店舗があります。

 

 

このFC店と直営店ですが、

パッと見はあまり

違いはありません。

 

 

一般のお客さんには

どちらも同じです。

 

 

しかし、

せどらーにとっては大きな

違いがあります。

 

 

直営店

・基本的にバーコードリーダー禁止

・値付けが厳しめ。

・セールをなかなか行わない。

 年末年始、GW等のウルトラセールのみ

 

FC店

・バーコードリーダーは黙認してくれる

 店舗が多い。

・店舗独自のセールがある。

・値付けが甘い店舗がある。

 

 

直営店とFC店にはこのような

違いがあります。

 

 

この違いは本せどらーに

とっては非常に

大きいですよね?

 

直営店とFC店の見分け方

 

では、直営店とFC店の

見分け方ですが、

2通りあります。

 

 

まずは店舗の

外観で見分ける方法。

 

◆矢印の三角の色

 

・直営店(矢印の色が青)

 

・FC店(矢印の色が赤)

 

・最近の看板(直営店に多い)

 

これは100%では

ないのですが、

まず見た目で見分けられます。

 

 

もう一つの見分ける

方法として、店舗の

URLを見る方法があります。

 

・直営店

https://www.bookoff.co.jp/shop/shop20104.html

 

・FC店

https://www.bookoff.co.jp/shop/shop10594.html

 

直営店は数字が2から始まり、

FC店は1から始まります。

これで見分ける事が出来ます。

 

まとめ

 

今回はブックオフの

直営店とFC店の違い、

見分け方について解説しました。

 

 

せどらーにとって気になるところは

バーコードリーダーが

使えるか?使えないか?

 

 

といったところですが、

基本的にブックオフは

使用禁止です。

 

 

この事は忘れないで下さい。

ただ、原則禁止でも注意されないのは

見逃してもらっている、だけですからね。

 

 

あまりにバーコードリーダー

使い過ぎて他のお客様の

邪魔になると間違いなく注意されます。

 

 

バーコードリーダー使う際には

他のお客様の邪魔にならないように

マナーを守って使いましょう。

 

 

メルマガ登録はこちらから

ただいま、登録で、¥29800の

教材を無料で差し上げます!

     ↓

「本せどりでおこずかいを増やそう!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です