【せどり】初心者は利益額より回転重視

利益の大きい本の罠

 

本せどりをしていますと

たまにとんでもない

本に当たります。

 

 

例えば

¥1,260仕入れ

   ↓

¥34,000販売

とか

¥2,760仕入れ

   ↓

¥15,565販売

とか。たまにこんな

本が見つかります。

 

 

ブックオフでこんな本

ばかり仕入れられたら

もう最高です。

 

 

ですが、高利益の本のほとんどが

売れるまでには時間が

かかります。

 

 

3ヵ月で売れたらラッキー。

下手したら売れるまでに

半年から1年かかる場合もあります。

 

 

本せどりを始めたばかりで

こんな本ばかり

仕入れてはいけません。

 

なぜかといいますと、

例えばですが資金を

クレジットカードを使うとして

¥20,000で仕入れしてみましょう。

 

 

そこでクレジットカードで

1冊¥2,000の本を10冊

仕入れたとします。

 

 

利益は大きいですが本が

1冊¥10,000で売れるのは

半年後です。

 

 

半年後には

¥100,000になって

返ってきます。

 

 

しかし、¥2,000×10冊

¥20,000の支払いは

来月です。

 

 

どうしますか?

¥100,000が入ってくるのは

半年も先です。

 

 

利益は確実なのに

今、必要なお金が

ありません。

 

 

はい、そこでアウトです。

会社で言うなら倒産です。

 

 

そんなことしていたら

すぐ黒字倒産です。

となるわけです。

 

※黒字倒産

計算上では黒字の状態にも

関わらず、資金繰りの関係で

倒産してしまう事。

 

 

つまり、半年先には

儲かる事が分かっているけど

今支払うお金がないという事です。

 

 

せどりの基本て、

仕入れ → 販売

これを早く行って

そこで元金+利益を回収

     ↓

仕入れ金額を増やす

この繰り返しです。

 

 

そこで売れるのが

半年も1年もかかっていては

資金繰りが出来ません。

 

仕入れる本は回転重視!

 

黒字倒産を

避けるには、いかに早く

現金を回収するか?です。

 

 

ですので、最初は利益額、

利益率より回転率を

重視しましょう。

 

 

ただし、基本的に本は

売れるのは時間が

かかります。

 

 

ですが本は遅くても

3ヵ月では売れます。

遅くても3ヵ月では回収できます。

 

 

でも3ヵ月で売れても

来月の支払いはどうするの?

ってことですが…

 

 

例えば、仕入れる本を

仕入れ値の3倍で売ると

仮定します。

 

 

そうすると、仕入れた量の

1/3が1か月で売れれば、

支払いは大丈夫ですね。

 

 

2ヵ月目からは

もう利益がでます。

 

 

基本的に本せどりはこの

考え方で進めていきます。

 

 

ですが、仕入れの際は

モノレートできちんと確認し、

なるべく早く売れる本を仕入れましょう。

 

 

例えば、通常は

3ヵ月で5回売れていたら

3ヵ月では本は売れます。

 

 

この基準を変えます。

3ヵ月で10回売れている本とか

1ヵ月で5回売れている本とか。

 

 

このように基準を

変えていくと、

もっと早く売れていきます。

 

 

その場合は仕入れ値の3倍で

売れなくても大丈夫です。

利益額をもっと低くしてもいいですね。

 

 

3ヵ月以内で売れる本なら

仕入れ値の3倍で売れる本。

 

 

それより早く売れるなら

仕入れ値の1.5倍、2倍でも

売れる本を仕入れましょう。

 

 

ただし、FBAを使うか、

自己発送で行うかによって

仕入れ値の何倍で売ればいいかは

変わりますので注意してください。

 

FBAと自己発送って?

    ↓

FBAと自己発送

 

まとめ

 

せどりを始める方は

基本的にお金がないから

せどりを始めます。

 

 

ですので、最初の内は

手元の資金を早く増やす

事から始めましょう。

 

 

その場合は利益率、利益額

より回転率の方が

大事です。

 

 

仕入れた本をいかに

早く売るか?早く売れる本を

仕入れるか?

これを重視してください。

 

 

そして、資金に余裕が出来たら

利益が高いけど、売れるまで

時間がかかる本を仕入れても

いいですね。

 

メルマガ登録はこちらから

ただいま、登録で、¥29800の

教材を無料で差し上げます!

     ↓

「本せどりでおこずかいを増やそう!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です